マンションを売る前に専門業者へ住宅診断を依頼しよう

物件を売り出す前に住宅診断をすることによるメリット

マンションを売る前に専門業者へ住宅診断を依頼しよう

事前に住宅診断すると買主に安心してもらえる

タワーマンションなど、マンション売却を考えている場合、住宅診断を事前にすることにより、買主に対してのアピールポイントとなります。買主の立場だと、マンションを購入する際、部屋自体の状態が良いかどうか不安に思っています。プロの手によって「この物件は問題ない」との診断結果を知ることが出来れば、安心して購入してもらえるでしょう。

事前に不具合の有無を確認することが可能

買主がマンションを購入した後に、何らかの不具合が見つかった場合、確実に買主とのトラブルが起きます。そのトラブルを対処するために時間と手間がかかり、精神的にも負担がかかってしまいます。事前に住宅診断をして不具合を見つけることができれば、売り出す前に修繕をすることができ、買主との余計なトラブルを未然に防ぐことができるのです。兵庫周辺には、住宅診断をしてくれる優良な業者が数多いので、面倒くさがらずに依頼をすることをオススメします。

瑕疵担保責任と住宅診断の違い

瑕疵担保責任

買主が購入した物件に住んだ後に、何らかの欠陥があることが判明した場合に、売主に対して損害賠償や修繕の請求をすることができることを指します。

住宅診断

建物のどこかしらに欠陥がないかチェックすることを指します。専門業者に依頼すれば、素人の目からでは判断できないような欠陥を見つけることも可能です。

広告募集中